Go for Broke!〜ハワイ日系二世の記憶〜 明石上映会🎬

【作品内容について】

■「恩を受けたら礼を返す」想いが集約された作品です
二世と言えば第二次大戦時の話に終始しがちですが、本作は単なる戦争映画ではありません。
「親はどこから来て何をしていたのか」
「当時どんな家に住み、家の中でどんな言葉を使っていたのか」
「二世たちに流行った遊びはどのようなものだったのか」
「日系社会にあった沖縄人やHAPA(ハーフ等の意)への差別はどうだったのか」
そして
「真珠湾攻撃の時の様子、民間人の被害や日系人への暴力等はどうだったのか」
「戦争時の一番の記憶は何なのか」 「戦争後の活躍はどんなものなのか」 「現在、何を思っているのか」
など、多岐にわたります。

1920~30年代のまだプランテーション時代を色濃く残した時代を過ごした二世の記憶をすべて証言した貴重な作品です。
ハワイに残る「もう一つの日本史」的な作品と言っても良いでしょう。

その希少性が、昨年のハワイの映画賞など2つの映画コンペティションでの高い評価に繋がりました。
ホノルル・フィルム・アワードでは〈ベスト・オブ・ハワイ〉を受賞し、マウイ映画祭では1000本以上の出品作から選ばれ、プレミア上映されました。
http://honolulufilmawards.com/2012-winners  Honolulu Film Awards
http://www.mauifilmfestival.com/tixSYS/2012/xslguide/eventnote?EventNumber=1966& Maui Film Festival

もともとの制作のきっかけは、私の熊本の友人の遺作展をハワイで開催する際に協力してくれた「日系社会への礼を返す」ことでした。

音楽には、日本のハワイアン音楽を代表するミュージシャンのサンディーさん、山内アラニ雄喜さん、バッキー白片ジュニアが参加しています。皆さん「ハワイでは本当に二世に世話になった。そのお礼に」と無償で楽曲を提供してくれました。
そして何よりも、出演する二世達が「貧乏だったけど、不自由の無い人生を送って来られた。親や地域に対し礼を尽くすためにも、自身が軍に志願するのは自然だった」と、日系人部隊への志願の理由を語っています。
二世は明治時代の日本の美しい道徳教育を受けています。

■日本全体が二世の功労の恩恵を受けています

多くの日本人がハワイを訪れ、歓迎されています。
しかしそれも、日系人がハワイ社会に果たして来た役割に負うところが少なくありません。その日系人の立場を好転させ飛躍的に向上させたのが、二世の大戦時の功績と犠牲です。
また、あまり知られていませんが、二世の功労は、アメリカの日系人の立場を引き上げただけではありません。彼らの功労によりアメリカの排日移民割当法を撤廃させ、結果として戦後の日本の繁栄にも大きく寄与しました。
今、日本の企業が米国に進出し、日本人が留学出来るのも、二世のこの移民法改正にあります。

また何かご質問などございましたら、遠慮なく連絡ください。
私が答えられない事は、マツゲン監督に確認し、説明させていただければ・・・と思っています

問い合わせ先は、私 ハワイアンサロン ぷなな(祭有里) 谷山正佐子
punana.akashi@gmail.com
でお願いします。

一覧に戻る

LINE@はじめました!

〒673-0885 明石市桜町14-19KUKIビル4F

tel.078-914-0200 fax.078-914-0201

© 2018 CONNECT. All Rights Reserved